情報資源センター・ブログ

情報の扉の、そのまた向こう

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一、社史を始めとする実業史、アーカイブズや図書館に関連する情報をご紹介しています。

「論語とそろばん」セミナー2022(2022年3月1日~3月31日オンライン配信)

 公益財団法人渋沢栄一記念財団研究センターでは、東京商工会議所と共催で「論語とそろばん」セミナー2022を開催いたします。今回もオンライン(録画配信)での開催となりますが、みなさまのご参加をお待ちしております。

「論語とそろばん」セミナー2022(オンライン)
主催 : 公益財団法人渋沢栄一記念財団、東京商工会議所
協賛 : みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
企画監修 : 守屋淳(作家)
形式 : オンラインセミナー(録画配信)
定員 : 500名
配信期間 : 2022年3月1日~3月31日
参加費 : 一般 3,000円(渋沢栄一記念財団、東京商工会議所、みずほリサーチ&テクノロジーズ会員は2,000円)

 登壇者などセミナーの詳しい内容や申込方法など、詳細についてはリンク先をご覧ください。
 

新紙幣の肖像(2019年4月9日発表)に関する報道などから(その140)

 2019年4月9日(火)、財務省は新しい日本銀行券(紙幣)及び五百円貨幣を発行すると発表しました。このうち紙幣は2024年度上期を目途に発行され、新一万円券の表には渋沢栄一の肖像が掲載されるとのことです。ここでは、渋沢栄一に関する主な記事をまとめました。

栄一関連会社・団体・事業

  • 【渋沢栄一を学ぶ番組】脳科学に関する研究棟で三四郎がヒヤッ!?「渋沢が設立者総代 理化学研究所~前編~」【シブサワ解体深書(35)】 - テレ玉
    〔YouTube - 2021年12月16日〕
    https://www.youtube.com/watch?v=uy9uqgwxhFI
  • 日本初の第一国立銀行は日本橋で誕生!~渋沢栄一と「日本のウォール街」の関係~
    〔まっぷるトラベルガイド - 2021年12月21日〕
    https://www.mapple.net/articles/bk/4373/

ゆかりの地

栄一関連文献

反響など

大河ドラマ「青天を衝け」

これまでのログ

その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13その14その15その16その17その18その19その20その21その22その23その24その25その26その27その28その29その30その31その32その33その34その35その36その37その38その39その40その41その42その43その44その45その46その47その48その49その50その51その52その53その54その55その56その57その58その59その60その61その62その63その64その65その66その67その68その69その70その71その72その73その74その75その76その77その78その79その80その81その82その83その84その85その86その87その88その89その90その91その92その93その94その95その96その97その98その99その100その101その102その103その104その105その106その107その108その109その110その111その112その113その114その115その116その117その118その119その120その121その122その123その124その125その126その127その128その129その130その131その132その133その134その135その136その137その138その139
 

最近の #渋沢栄一 関連情報から(2021.12.22)

渋沢栄一記念財団

人物紹介

栄一関連会社・団体・事業

ゆかりの地

反響など

大河ドラマ「青天を衝け」

新紙幣の肖像(2019年4月9日発表)に関する報道などから(その139)

 2019年4月9日(火)、財務省は新しい日本銀行券(紙幣)及び五百円貨幣を発行すると発表しました。このうち紙幣は2024年度上期を目途に発行され、新一万円券の表には渋沢栄一の肖像が掲載されるとのことです。ここでは、渋沢栄一に関する主な記事をまとめました。

渋沢栄一記念財団

人物紹介

栄一関連会社・団体

ゆかりの地

  • 板橋区立中央図書館さんはTwitterを使っています 「【渋沢栄一パネル展を開催します】 12月14日(火)から12月21日(火)まで、1階図書館ホールにて渋沢栄一パネル展を開催します。新しい一万円札の絵柄にも選ばれ、大河ドラマでも話題となった渋沢氏の生涯を、板橋とのかかわりも交えて紹介します。 https://t.co/J4kuvLgopi
    〔Twitter - 2021年12月13日〕
    https://twitter.com/chuolibitabashi/status/1470201067325763584

栄一関連文献

反響など

大河ドラマ「青天を衝け」

これまでのログ

その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13その14その15その16その17その18その19その20その21その22その23その24その25その26その27その28その29その30その31その32その33その34その35その36その37その38その39その40その41その42その43その44その45その46その47その48その49その50その51その52その53その54その55その56その57その58その59その60その61その62その63その64その65その66その67その68その69その70その71その72その73その74その75その76その77その78その79その80その81その82その83その84その85その86その87その88その89その90その91その92その93その94その95その96その97その98その99その100その101その102その103その104その105その106その107その108その109その110その111その112その113その114その115その116その117その118その119その120その121その122その123その124その125その126その127その128その129その130その131その132その133その134その135その136その137その138
 

最近の #渋沢栄一 関連情報から(2021.12.15)

渋沢栄一記念財団

人物紹介

栄一関連会社・団体

ゆかりの地

栄一関連文献

反響など

大河ドラマ「青天を衝け」

「渋沢栄一フォトグラフ」β版が公開されました

 2021年12月11日(土)、令和3(2021)年度国立歴史民俗博物館総合資料学奨励研究「市民参加型プラットフォームによる写真資料のデータ構築と活用」の研究成果として「渋沢栄一フォトグラフ」β版が公開されました。本サイトでは、渋沢栄一関連の写真を掲載した『渋沢栄一伝記資料』別巻第10の閲覧と、同書に掲載された約700点の写真を対象にさまざまな情報の付与が可能です。自ら学びながらデジタルアーカイブ構築に参加できるプロジェクトに、皆様もぜひご参加下さい。

 「市民参加型プラットフォームによる写真資料のデータ構築と活用」は『渋沢栄一伝記資料』別巻第10を用いて市民参加型のデジタルアーカイブを構築するための共同研究です。詳しくは「このサイトについて」をご覧下さい。

 この共同研究には渋沢栄一記念財団のスタッフも参加しており、情報資源センターでは研究の全面的なサポートをおこなっています。ぜひ利用ください。

参考リンク(2022.01.22更新)

  • Yuta HashimotoさんはTwitterを使っています 「【公開】#渋沢栄一 写真資料のユーザー参加型デジタルアーカイブ「みんなで古写真【渋沢栄一伝記資料】」β版を公開しました! https://t.co/VSuixnyAuM 渋沢栄一伝記資料別巻第10に収録される約700点の写真を対象に、人物や撮影場所の特定などを協力して行うユーザー参加型プロジェクトです。 https://t.co/fWtTLChRps
    〔Twitter - 2021年12月11日〕
    https://twitter.com/yuta1984/status/1469502731362906112

  • 渋沢栄一記念財団情報資源センター、ウェブサイト「渋沢栄一フォトグラフ」β版の公開を発表
    〔カレントアウェアネス・ポータル - 2021年12月13日〕
    https://current.ndl.go.jp/node/45323
  • 【公開から4日で40人の人物がタグ付けされ、26枚の写真の撮影場所が特定】#みんなで古写真 【渋沢栄一伝記資料】
    〔文学通信 - 2021年12月16日〕
    https://bungaku-report.com/blog/2021/12/44026.html
  • 《連載》「Digital Japanese Studies 寸見」第81回「「渋沢栄一フォトグラフ」として、「『渋沢栄一伝記資料』別巻第10」と「みんなで古写真【渋沢栄一伝記資料】」が β 版公開」 - 人文情報学月報第125号
    〔人文情報学月報 - 2022年1月6日〕
    https://w.bme.jp/bm/p/bn/htmlpreview.php?i=dhm&no=all&m=45&h=true
     

『青淵』第873号(2021.12)

渋沢栄一記念財団機関誌『青淵』第873号(2021.12)が刊行されました。
渋沢栄一および財団関連記事は以下の通りです。

  • 見つけよう、「渋沢栄一」。渋沢栄一デジタルアーカイブ [情報資源センター広告] …… 表紙裏
  • 【渋沢栄一のことば】 …… p.2
    • 第一国立銀行(明治30年頃)(『渋沢栄一伝記資料』別巻10より)[写真]
    • 『渋沢栄一訓言集』より
      ○ 経済事業は、すべて富を得るをもって目的とするものであるが、われも富み人も富み、而して国家の進歩発達を助ける富にして、はじめて、真正の富と言い得るのである。
       自分の従事する事業、もしくは企てたる仕事はすべて道理によって、成功を期すべきものであって、単に金が儲かるからというのみをもって、目的とするのはよろしくない。もし金儲けのみを目的とするならば、あるいは人にさえ知られなければ、盗賊をするのが一番早道だという極端に走らぬとも限らない。要するに人の世に処するには、己れ自身も成り立つようにしなければならないが、その国の発達を図るのが第一の務めである。この務めを満足せしめようするならば、他人の物を、わが手に集めるというごときは決して国の富を増す所以でなく、ただ人の物をわが手に取るに過ぎないのである。すなわち我れ独り富むは、決して真正の富ではない。果たしてしからば、事業はただ金を多く儲けさえすれば、それで成功であるというのは、すこぶる道理に背くものであると言わねばならない。
  • 渋沢栄一と養育院巣鴨分院の子どもたち / 栄畑南美 …… p.10-12
  • 渋沢栄一と石橋湛山 : 『徳川慶喜公伝』への眼差し / 小林敏男 …… p.13-15
  • 雑誌・書籍に見る渋沢栄一. 『商店雑誌』より「娯楽の必要」 …… p.39-43
  • 【せいえんひろば】新規維持会員のご紹介 …… p.43
  • 【渋沢財団 研究センターだより】 No.458 『論語と算盤』オンライン読書会 第10期が始まりました!/「論語とそろばん」セミナー2022 現在企画中/渋沢栄一と「フィランソロピー」第7巻 編集作業が進んでいます …… p.47-46
  • 【史料館の窓】レファレンスからの活動の広がり …… p.48
  • 企画展 渋沢栄一から妻 千代への手紙 : あらあら めてたく かしく [渋沢史料館広告] …… 裏表紙