情報資源センター・ブログ

情報の扉の、そのまた向こう

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一、社史を始めとする実業史、アーカイブズや図書館に関連する情報をご紹介しています。

 「平塚らいてう」を検索すると - 人名・団体名編

 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」では、日之出女子大学校の学生に若き日の平塚らいてう(ひらつか・らいちょう、1886-1971)が登場していました。「元始、女性は太陽であった」という言葉で有名な平塚らいてうは、大正・昭和時代の女性運動家です。そこでこの「平塚らいてう」を「渋沢社史データベース」(略称:SSD)を使っておもしろ社史検索してみたところ、下記のようにヒットしましたのでご紹介します。なお「平塚らいてう略年譜」を末尾に付けましたのでご参照ください。

平塚らいてう」の検索結果と、見えてくること

年表 (「年表項目検索」の結果)

 年表項目では20件がヒットしました。そのうち6件は1911年に平塚らいてう青鞜社(せいとうしゃ)をおこしたことを取り上げています。講談社報知新聞社読売新聞社といったマスコミの社史に加え、安藤七宝店、リーガルコーポレーション、長谷川香料といった製造業の社史にも登場しているのが目を引きます。その後のらいてうの動向について取り上げている社史も、資生堂三越、四国化成工業、全日本空輸とバラエティに富んでいることがわかります。女性運動家として幅広く活躍し多くの人々に影響を与えたらいてうの生き様が、社史の中にも表れていると言えるでしょう。

月日事項出典社史業種
明治44年
(1911)
6月1日平塚らいてう等が青踏社の発起入会を開く。(株)安藤七宝店『鏤采摛文 : 安藤七宝店百年史』その他製造業
6月1日平塚らいてうら、青鞜社発足。(株)リーガルコーポレーション『Step with you : 100』その他製造業
6月1日平塚らいてうら「青鞜《せいとう》社」を設立。女性解放運動を推進。(株)講談社講談社の80年 : 1909〜1989』サービス業
6月1日平塚らいてう(雷鳥)ら青鞜社おこす(株)報知新聞社『世紀を超えて : 報知新聞百二十年史 : 郵便報知からスポーツ報知まで』サービス業
6月1日平塚らいてう青鞜社をおこす(9.1「青鞜」創刊)(株)読売新聞社『読売新聞百年史. 資料・年表』サービス業
6月平塚らいてうら、青鞜社発起人会長谷川香料(株)『長谷川香料八十年史』化学工業
明治45年
(1912)
5月平塚らいてう青鞜《せいとう》」に「円窓より」発表。発禁になる。(株)講談社講談社の80年 : 1909〜1989』サービス業
大正2年
(1913)
-●出版 平塚らいてう「新しい女」を『中央公論』に掲載東京書籍(株)『東京書籍百年史』サービス業
大正7年
(1918)
9月与謝野晶子平塚らいてう山川菊栄の母権保護論争(「婦人公論」)(株)資生堂資生堂宣伝史. 2』化学工業
大正9年
(1920)
3月28日平塚らいてう市川房枝ら、新婦人協会を結成(株)三越『株式会社三越85年の記録』小売業
3月28日平塚らいてう市川房枝ら、上野精養軒で〈新婦人協会〉発会式挙行(株)読売新聞社『読売新聞百年史. 資料・年表』サービス業
3月平塚らいてう市川房枝ら、新婦人協会を結成長谷川香料(株)『長谷川香料八十年史』化学工業
-平塚らいてう市川房枝ら新婦人協会発会東京写真材料商業協同組合『東京写真材料商業協同組合100年史 : 1906-2006』その他製造業
昭和3年
(1928)
2月△東京朝日、東京日日に平塚らいてう奥むめお高群逸枝三女史の婦選方針論議あり注目せらる婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
昭和28年
(1953)
4月5日日本婦人団体連合会結成(会長・平塚らいてう四国化成工業(株)『四国化成五十年史』化学工業
4月5日日本婦人団体連合会(婦団連)結成(会長平塚らいてう)全日本空輸(株)『限りなく大空へ : 全日空の30年. 資料編』空運
4月日本婦人団体連合会(会長・平塚らいてう)結成(株)資生堂資生堂宣伝史. 2』化学工業
昭和30年
(1955)
11月*下中弥三郎、世界平和アピール7人委員会(植村環、茅誠司下中弥三郎上代たの、平塚らいてう、前田多門、湯川秀樹)に参加、第1回アピールをおこなう(株)平凡社平凡社六十年史』サービス業
昭和46年
(1971)
5月平塚らいてう死す(株)資生堂資生堂宣伝史. 2』化学工業
-物故者//3.21 横山エンタツ(74)漫才師//4.20 内田百〓[門+月](81)随筆家//5.24 平塚らいてう(85)婦人運動家//7.6 ルイ・アームストロング(71)米・ジャズトランペット奏者//7.12 山下清(49)画家//8.1 徳川夢声(77)声優//10.21 志賀直哉(88)作家//11.14 金田一京助(89)言語学者//12.12 桂文楽(79)落語家朝日放送(株)『朝日放送の50年. 3 資料集』通信

索引 (「ワード検索」の結果)

 索引では『岩波書店八十年』と『丸の内百年のあゆみ : 三菱地所社史. 上巻』に平塚らいてうがでてきました。岩波書店の方はらいてうの著作やらいてうに関する文献があがっています。三菱地所のほうは、「成城学園の住宅地」という目次項目の中にらいてうの名前がでてきています。

会社名業種社史タイトル出版年該当数索引語より
(株)岩波書店サービス業岩波書店八十年1996.127大岡昇平 平塚らいてうと日本の近代(共著)(1p)
小林登美枝 平塚らいてう評論集(平塚らいてう)(共編)(1p)
平塚らいてうと日本の近代(大岡・丸岡)(1p)
平塚らいてう 平塚らいてう評論集(小林・米田編)(1p)
平塚らいてう評論集(小林・米田編)(1p)
三菱地所(株)不動産丸の内百年のあゆみ : 三菱地所社史. 上巻1993.031平塚らいてう(1p)

平塚らいてう略年譜

西暦(和暦) 項目
1886(明治19)東京に生まれる
 父、定二郎は会計検査院次長で裕福な幼年時代を送る
1906(明治39)日本女子大学校卒業
 文学サークルを通じて作家森田草平を知り、後に心中未遂
1911(明治44)婦人文芸誌『青鞜』発刊
1915(大正4)このころ奥村博史と同棲、二人の子を育てながら評論家として立つ
1920(大正9)新婦人協会設立、市川房枝らと婦人参政権運動を展開
1930(昭和5)無政府主義運動に関わる
 戦時中は茨城県疎開、敗戦後は再び婦人運動・平和運動に注力
1953(昭和28)日本婦人団体連合会会長
1971(昭和46)85歳で没
参考:『国史大辞典』ほか

関連エントリー

 「広岡信五郎」を検索すると - 人名・団体名編

 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」では、主人公白岡あさの夫、白岡新次郎がさまざまな場面で活躍しています。この人物は実在の「広岡信五郎」(ひろおか・しんごろう、1841?-1904)がモデルと言われています。そこでこの「広岡信五郎」を「渋沢社史データベース」(略称:SSD)を使っておもしろ社史検索してみたところ、下記のようにヒットしましたのでご紹介します。なお広岡信五郎関係略年譜を末尾に付けましたのでご参照ください。

「広岡信五郎」の検索結果と、見えてくること

年表 (「年表項目検索」の結果)

 年表では『ニチボー75年史』『ユニチカ百年史. 下』『麻生百年史』に信五郎が登場しています。信五郎が初代社長を務めた尼崎紡績は、合併等により大日本紡績、ニチボー、ユニチカと社名変遷しており、それぞれの社史に信五郎が登場しています。一方『麻生百年史』を出した麻生セメントは、当初九州筑豊で石炭採掘事業を行っていました。広岡家が手掛けた潤野(うるの)炭鉱も同じ地域でしたので、社史の年表に信五郎が登場したのでしょう。

月日事項出典社史業種
明治22年(1889)5月(尼崎紡績) 有限責任尼崎紡績会社は尼崎地元と大阪財界の合力によって広岡信五郎ら45名の発起人きまり、広岡ら10名の創立委員を選ぶ。ニチボー(株)『ニチボー75年史』繊維
8月12日(尼崎紡績) 大阪市中之島洗心舘の発起人総会で役員を選挙。役員の互選により初代社長に広岡信五郎就任。ニチボー(株)『ニチボー75年史』繊維
8月12日初代社長に広岡信五郎就任(8/12)ユニチカ(株)『ユニチカ百年史. 下』繊維
明治28年(1895)-広岡信五郎、潤野炭坑開坑麻生セメント(株)『麻生百年史』窯業
明治37年(1904)7月5日(尼崎紡績) 初代社長広岡信五郎没。ニチボー(株)『ニチボー75年史』繊維
7月5日初代社長広岡信五郎没(7/5)ユニチカ(株)『ユニチカ百年史. 下』繊維

目次 (「ワード検索」の結果)

 『三井事業史. 資料篇 4 上』の目次に、「(18回)3・15 広岡信五郎貸金処分ノ件」という項目がありました。これは「三井商店理事会議事録」の一部で、本文を見ると三井商店から信五郎への貸金について、申し入れにより条件を改める件を了承した、という内容でした。広岡浅子は三井家の出身でしたので、嫁ぎ先の加島屋の事業に三井が資金を融通していたことが社史からうかがえます。

会社名業種社史タイトル出版年該当数目次項目より
三井商社三井事業史. 資料篇 4 上1971.08
1
(18回)3・15 広岡信五郎貸金処分ノ件

索引 (「ワード検索」の結果)

 『ニチボー75年史』『日綿70年史』の索引に信五郎が登場していました。日綿(現・双日)は信五郎が設立に関わった棉花の輸入会社である日本綿花の後身です。浅子に劣らず活躍していた信五郎の横顔が社史からうかがえます。

会社名業種社史タイトル出版年該当数索引語より
ニチボー(株)繊維ニチボー75年史1966.021広岡信五郎(1p)
日綿実業(株)繊維日綿70年史1962.111広岡信五郎(2p)

広岡信五郎関係略年譜

西暦(和暦)項目
1841(天保12)?このころ信五郎誕生か(浅子2歳の時、10歳の信五郎と結婚が決まったと大同生命のサイトにあり、8歳の年齢差から推測)
1849(嘉永2)浅子生まれる
1865(慶應元)信五郎と浅子結婚
1884(明治17)浅子、石炭事業に着手
1888(明治21)加島銀行設立
1889(明治22)信五郎、尼崎紡績初代社長に就任
1892(明治25)信五郎、日本綿花の発起人
1895(明治28)潤野炭坑開坑、朝日生命設立
1896(明治29)浅子、成瀬仁蔵と出会う
1898(明治31)三井商店、信五郎貸金処分
1901(明治34)日本女子大学校開校
1904(明治37)信五郎没
1919(大正8)浅子没

参考リンク

関連エントリー

凡例

 「成瀬仁蔵」を検索すると - 人名・団体名編

 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」では、女子大学の設立に奔走している成澤泉が登場しました。この人物は実在の「成瀬仁蔵」(なるせ・じんぞう、1858-1919)がモデルと言われています。そこでこの「成瀬仁蔵」を「渋沢社史データベース」(略称:SSD)を使っておもしろ社史検索してみたところ、下記のようにヒットしましたのでご紹介します。なお成瀬仁蔵の略年譜を末尾につけましたので参照ください。

成瀬仁蔵」の検索結果と、見えてくること

年表 (「年表項目検索」の結果)

 年表項目でヒットした7件は全て婦人新聞社の『婦人界三十五年』でした。そこには成瀬が日本女子大学校を設立する前後から、没後の顕彰事業にいたる事項が載っていました。1910年には成瀬と共に渋沢栄一、森村市左衛門が、「女子高等教育奨励のため信越地方遊説」したことが出ています。栄一は日本女子大学校の設立と運営に多大な尽力をしていますが、その一端が社史にあらわれているのがわかります。

月日事項出典社史業種
明治33年(1900)6月成瀬仁蔵氏主唱の女子大学、位置は大阪と内定し居りしを東京に変更、正式に確定婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
明治33年(1900)7月日本女子大学校創立委員会に於て校長は成瀬仁蔵氏に決定、三井家の寄附に依て東京小石川区田豊川町に建築を始む婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
明治43年(1910)8月△女子大学校長成瀬仁蔵、男爵渋沢栄一、森村市左衛門氏女子高等教育奨励のため信越地方遊説婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
大正4年(1915)11月成瀬仁蔵、宮川保全、津田梅子、嘉悦孝子、矢島楫子、佐藤静子の各氏いづれも女子教育の功績により勲六等に叙せられ男子は瑞宝章女子は宝冠章を授けらる婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
大正8年(1919)1月30日日本女子大学校長成瀬仁蔵氏其の病の癒ゆべからざるを覚悟し、三十日椅子に坐したるまゝ舁かれて講堂に臨み悲壮なる生前告別をなして学校の為に遣言す婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
昭和4年(1929)3月△女子大学創立者成瀬仁蔵氏十年祭婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業
昭和4年(1929)9月成瀬仁蔵銅像軽井沢に建つ、製作者は素人彫塑家三井高修氏婦女新聞社『婦人界三十五年』サービス業

目次 (「ワード検索」の結果)

 目次で1件ヒットしたのは同じく婦人新聞社の『婦人界三十五年』でした。SSDの検索結果として表示されている社史タイトル「婦人界三十五年」をクリックすると、目次項目の2箇所に成瀬が登場しているのがわかります。さらに、画面右の「表示切替」を「ハイライトのみ表示」から「全目次一覧」に切り替えてみると、成瀬のでてくるp700とp766の前後には津田梅子、下田歌子といった女子教育に尽力した人々や、「あさが来た」の主人公のモデル「広岡浅子」もでてきているのがわかります。

会社名業種社史タイトル出版年該当数目次項目より
婦女新聞サービス業婦人界三十五年1935.052成瀬仁蔵氏 / 女子教育の殉教者成瀬仁蔵

索引 (「ワード検索」の結果)

 実業之日本社蛇の目ミシン工業の社史に成瀬がでていました。SSDの検索結果として表示されている社史タイトル『実業之日本社百年史』をクリックすると、索引項目「成瀬仁蔵」が現れます。その文字列をクリックすると、成瀬が登場するのが「『婦人世界』の創刊」の項目だとわかります。『蛇の目ミシン創業五十年史』も同様に操作していくと、「3 鹿鳴館後の服装の変遷」の項目の中に成瀬が登場しているのがわかります。

会社名業種社史タイトル出版年該当数索引語より
(株)実業之日本社サービス業実業之日本社百年史1997.121成瀬仁蔵(1p)
蛇の目ミシン工業(株)機械蛇の目ミシン創業五十年史1971.11成瀬仁蔵(1p)

成瀬仁蔵 略年譜

西暦(和暦)項目
1858(安政5)長州藩士の長男として山口県に生まれる
1863(文久3)郷校憲章館に入学
1868(明治元)憲章館廃止され、1873年まで近隣の私塾で漢学を学ぶ
1874(明治7)山口県の医師の元で調剤手となり、物理学を学ぶ
1875(明治8)山口県の教員養成所に第2期生として入学、翌年卒業し、同県室津小学校訓導となる
1877(明治10)同郷の宣教師沢山保羅(ぽーろ)に導かれ、大阪の浪花教会で受洗
1878(明治11)沢山保羅により梅花女学校開校、成瀬は1882年まで教師をつとめる
1883(明治16)以降、大和郡山教会、新潟教会の牧師として伝道活動。新潟女学校を興し、女子教育に尽力
1890(明治23)渡米、アンドーバー神学校、クラーク大学に学び、女子教育、教育機関、社会事業施設を調査研究、『沢山保羅伝』出版
1894(明治27)帰国、梅花女学校校長
1896(明治29)『女子教育』出版、梅花女学校を辞し、女子大学設立運動に着手
1901(明治34)東京・目白に日本女子大学校開校
1912(明治45)帰一協会設立、欧米旅行、翌年帰国し政府の教育関係委員として活躍
1919(大正8)告別講演、永眠
参考文献:『あなたは天職を見つけたか : 日本女子高等教育の父成瀬仁蔵』(日本女子大学成瀬記念館、2008)p132-136「成瀬仁蔵略年譜」

参考リンク

関連エントリー

凡例

 「中川小十郎」を検索すると - 人名・団体名編

 NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」では、いよいよ“銀行の神様”渋沢栄一の登場です。その栄一に大蔵省で仕えていたという設定なのが、加野屋の“へぇさん”こと山崎平十郎で、この人物は実在の「中川小十郎」(なかがわ・こじゅうろう、1866-1944)がモデルと言われています。そこでこの「中川小十郎」を「渋沢社史データベース」(略称:SSD)を使っておもしろ社史検索してみたところ、下記のようにヒットしましたのでご紹介します。

(参考)中川小十郎 略年譜

西暦(和暦)項目
1866年(慶應2)京都に生まれる
1893年(明治26)帝国大学卒業、文部省入省、西園寺公望文相秘書官
1897年(明治31)日本女子大学創立事務幹事
1898年(明治31)文部省を辞し広岡家加島屋へ入社
1899年(明治32)朝日生命保険(現・大同生命保険)副社長
1900年(明治33)京都法政学校(現・立命館大学)を創設(没年まで学監、館長、総長)
1903年(明治36)官界復帰、西園寺公望首相に仕える
1908年(明治41)樺太庁事務官
1912年(大正元)台湾銀行副頭取(後に頭取)
1925年(大正14)貴族院議員に勅選
1944年(昭和19)他界(享年78)
(参考文献 : 『渋沢栄一伝記資料』、JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A10112747700、叙勲裁可書・大正元年・叙勲巻三・内国人三(国立公文書館)」、『日本人名大辞典』(講談社、2001)他)

「中川小十郎」の検索結果と、見えてくること

年表 (「年表項目検索」の結果)

 年表では台湾銀行小田急電鉄の社史に登場しています。台湾銀行では1912年(大正元)の副頭取就任から、1925年(大正14)の頭取退任まで4件でています。小田急電鉄では前身の一つである東京山手急行電鉄で1928年(昭和3)の取締役就任から1940年(昭和15)の監査役退任まで、こちらも4件でています。年代から見て貴族院議員に勅選されたのちも実業界で活動していることがわかります。

月日事項出典社史業種
大正元年(1912)9月12日中川小十郎氏副頭取に任命せらる。(株)台湾銀行台湾銀行四十年誌』銀行
大正6年(1917)9月12日副頭取中川小十郎氏任期満了の処重任を命ぜらる。(株)台湾銀行台湾銀行四十年誌』銀行
大正9年(1920)8月13日頭取桜井鉄太郎氏辞任し副頭取中川小十郎氏頭取に任命せらる。(株)台湾銀行台湾銀行四十年誌』銀行
大正14年(1925)8月12日頭取中川小十郎氏任期満了退任す。(株)台湾銀行台湾銀行四十年誌』銀行
昭和3年(1928)9月24日〓[○+帝]東京山手急行電鉄株式会社設立//資本金三四〇〇万円//取締役社長 利光鶴松//取締役副社長 太田一平 若尾鴻太郎//常務取締役 長田馨 池辺稲生//取締役 渡辺嘉一 中川小十郎 伊藤文吉 田辺宗英 利光学一//常任監査役 一条丈一//監査役 井上敬次郎 中野寅次郎 太田光小田急電鉄(株)『小田急五十年史』鉄道・バス
昭和15年(1940)1月〓[○+帝]取締役中川小十郎 辞任小田急電鉄(株)『小田急五十年史』鉄道・バス
5月18日安東竜五・川又貞次郎 常務取締役に、中川小十郎・宇井孝三・船橋経次郎 監査役にそれぞれ就任小田急電鉄(株)『小田急五十年史』鉄道・バス
7月1日監査役中川小十郎 辞任小田急電鉄(株)『小田急五十年史』鉄道・バス

目次 (「ワード検索」の結果)

 東京の出版社冨山房は『大言海』など人文社会科学分野の事典類を出していますが、その社史に中川は貴族院議員、立命館大学総長として寄稿しているのが、社史の目次からわかります。実業家以外の人物も、社史にその足跡が刻まれているのです。

会社名業種社史タイトル出版年該当数目次項目より
(資)冨山房サービス業冨山房1932.11冨山房と私 貴族院議員 中川小十郎
(資)冨山房サービス業冨山房五十年1936.11冨山房の五十年 立命館大学総長貴族院議員 中川小十郎

索引 (「ワード検索」の結果)

 索引に中川が現れるのは王子製紙日商、保険銀行時報社、飛島建設です。様々な業界に関わっていることが浮かび上がってきます。

会社名業種社史タイトル出版年該当数索引語より
王子製紙(株)パルプ・紙王子製紙社史. 第4巻1959.11中川小十郎(1p)
日商(株)商社日商四十年の歩み1968.091中川小十郎(1p)
保険銀行時報保険本邦生命保険業1933.091中川小十郎(1p)
飛島建設(株)建設飛島建設株式会社社史. 上巻1973.031中川小十郎(1p)

資料編 (「ワード検索」の結果)

 資料編では台湾銀行の社史巻頭に、前頭取として写真が掲載されています。台湾銀行では副頭取から頭取と活躍しただけに、扱いも大きくなっています。

会社名業種社史タイトル出版年該当数資料編項目より
(株)台湾銀行銀行台湾銀行四十年誌1939.081前頭取 桜井鉄太郎氏、前頭取 中川小十郎氏 / / 写真

参考リンク

関連エントリー

凡例

更新履歴

2016.02.23:検索結果の表を差し換え
 

 「渋沢社史データベース」(略称:SSD)で「博覧会」を検索すると - ことがら編

 渋沢栄一は1867年(慶応3)にパリ万国博覧会を訪れたことが人生の大きな転機になっています。そこで本日公開した「渋沢社史データベース」(略称:SSD)を使って、「博覧会」を「おもしろ社史検索」してみました。

 検索結果のヒット件数は以下のとおりです。

  1. 社史を検索(ワード検索) : 基本情報(5件)/目次(99件)/索引(48件)/年表(495件)/資料編(20件)(社史の冊数)
  2. 年表項目を検索 : 2,405件(年表項目の数)
  3. 索引語を検索 : 99件(索引語の数)

検索結果からみえてくること

1a. 社史を検索(ワード検索) : 基本情報
  • 「社史を検索」した結果のヒット件数は、社史の冊数を表します。検索結果にはまず業種別の円グラフが表示され、その下にヒットした社史がリストアップされています。
    「基本情報」の検索対象は、社史のタイトル、会社名、出版年、社史沿革と社史メモです。その中に“博覧会”が含まれる社史は5冊ありました。いずれも「会社沿革と社史メモ」に“博覧会”が出てきます。各社史のタイトルをクリックして中にある「会社沿革と社史メモ」を見ると、京都織物と天賞堂は博覧会に自社製品を出展しているのがわかります。またイトーキと京都ホテルは、博覧会を機に事業を創設していました。更に東京瓦斯の社史はガス・シャンデリアの絵を掲載しており、いずれも博覧会が産業振興に及ぼした影響の例と考えられます。
     
    SSDの検索結果
     
    SSDの検索結果:http://shashi.shibusawa.or.jp/search_basic.php?query=%E5%8D%9A%E8%A6%A7%E4%BC%9A
     
1b. 社史を検索(ワード検索) : 目次
  • 目次の中に“博覧会”が含まれる社史は99冊ありました。円グラフに現れた業種は多岐にわたっていますが、「保険」業界9冊が目についたのでグラフをクリックしてみました。現れた各社史のタイトルをクリックして目次詳細を見てみたところ、出展品にかける損害保険契約の話題がでてきてなるほどと納得しました。また「その他」の業種も7冊あり、これは主催者となった東京や大阪の商工会議所などでした。出展した企業だけでなく、運送した陸海空の業界、会場を設営した建設業界、資金を融通した銀行、客人を泊めたホテルなど、実に様々な産業に博覧会の影響が及んでいるのが読み取れます。
     
    SSDの検索結果
     
    SSDの検索結果:http://shashi.shibusawa.or.jp/search_content.php?query=%E5%8D%9A%E8%A6%A7%E4%BC%9A
     
2. 年表項目を検索
3. 索引語を検索

 以上のようにSSDを使って社史の目次や年表や索引を詳細に眺めていくと、「博覧会」の多面的な様相が社史の本文を見なくても浮かび上がってきました。検索結果の右には検索バーが表示されているので、知りたい言葉を次々と探すことができます。実際に社史を手にとって見るためのガイドもありますので、どうぞ幅広くご活用ください

参考リンク

 「勲章」を検索すると - ことがら編

 先日「渋沢栄一はフランスのレジオン・ド・ヌール勲章を受けていますか」という質問があり、「1907年(明治40)と1926年(大正15)に受賞しています」と回答しました。そこで外国の勲章は社史にどう表れているか、「勲章」をおもしろ社史検索してみました。76件ヒットしましたが、日本の「文化勲章」は除き、同じものは整理して35件をご紹介します。

検索結果からみえてくること

  • ここで勲章を出した国として取り上げられているのは、ヨーロッパが英国、フランス、デンマークポルトガル、イタリア、ドイツ、スウェーデンフィンランド中南米がチリ、ニカラグア、ブラジル、ペルー、アジアがインドネシアパキスタン、そしてアフリカのザイールと、世界各国に広がっています。日本企業の進出ぶりがうかがえます。
  • 受章した会社の業種は建設業が多いですが、他にもホテル、セメント、重機械、化学、食品、小売業、保険など多岐にわたっています。こちらにも日本企業の活躍ぶりが表れています。
  • 渋沢栄一のフランスからの叙勲は関係会社社史には登場していませんが、これは叙勲が各社の実業上というより日仏交流上の貢献に対するものと考えられるためでしょう。

検索結果(抜粋)

年表の内容年月日『社史タイトル』
(発行所、発行年)
種別(詳細)
69号室で盗難事件発生(滞在中の清国電信会社支配人デルジクリ氏の書類・勲章等が盗難に遭い、事件未解決)1908.09『帝国ホテル百年史』(帝国ホテル、1990)年表(当社事項)
犬丸徹三、震災時の勲功により英国王よリメンバーブティッシュエンパイヤ勲章を授与される1924.01.31『帝国ホテル百年史』(帝国ホテル、1990)年表(当社事項)
犬丸徹三、震災時の勲功によりフランス政府よリオフイシエー・ドラゴン・ド・ランナン勲章を授与される1924.07.03『帝国ホテル百年史』(帝国ホテル、1990)年表(当社事項)
尼崎伊三郎監査役(4代社長)、仏国よりジュバリジュ・ドラゴン・ダンナン勲章を贈られる1928.05『大曹70年のあゆみ』(大阪曹達、1986) 年表(当社)
社長清水釘吉仏国エトワールノワールコマンドール勲章を受く1936.12清水建設百五十年』(清水建設、1953)年表(清水建設関係)
岩井雄二郎社長、レジォン・ドヌール勲章を授与さる。1959.01.01『岩井百年史』(岩井産業、1964)年表(当社事項)
社長清水康雄、仏国工トワールノワールコマンドール勲章を受章1961.07清水建設二百年. 経営編』(清水建設、2003)年表(当社のあゆみ)
諸井貫一社長デンマーク国Kommandor af Dannebrog ordenen勲章受章1963.12秩父セメント五十年史』(秩父セメント、1974)年表(当社)
安田会長、デンマーク国王よりダンネブロッグ勲章を受章1966.02.15安田生命百年史』(安田生命、1980)年表(安田生命
田口連三社長、ブラジルからタマンダレ功労勲章受章1966.06.11石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
会長鹿島守之助、チリ共和国有功一等勲章を受く。1968.11鹿島建設百四十年の歩み』(鹿島建設、1980)年表(鹿島建設略年表//主要事項)
会長鹿島守之助、インドネシア共和国功労勲章を受く。1969.11鹿島建設百四十年の歩み』(鹿島建設、1980)年表(鹿島建設略年表//主要事項)
会長鹿島守之助、ポルトガル共和国インファンテ・ドン・エンリケ勲章大十字章を受く。1971.01鹿島建設百四十年の歩み』(鹿島建設、1980)年表(鹿島建設略年表//主要事項)
会長鹿島守之助、イタリア共和国から有功勲章大十字章を受章1975.05鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)
中南米ニカラグアマナグア市より、岩越社長に対し、世紀勲章を贈呈1975.07.08日産自動車社史』(日産自動車、1985)年表(総務)
真藤恒社長、フランスのレジオン・ド・ヌール勲章受章1977.05.10石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
名誉会長鹿島卯女、イタリア共和国よりグランデ・ウフィチァーレ勲章を受く。1978.04鹿島建設百四十年の歩み』(鹿島建設、1980)年表(鹿島建設略年表//主要事項)
名誉会長鹿島卯女、ドイツ連邦共和国イタリア共和国から勲章を受章1978.04鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)
土光敏夫相談役、スウェーデン政府から北極星勲章受章1979.05.22石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
社長石川六郎イタリア共和国有功勲章を受章1979.06鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)
生方泰二社長、ブラジルからリオブランコ勲章受章1980.01.29石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
栖原会長、フィンランド・ライオン勲章受章1983.04王子製紙社史. 合併各社編』(王子製紙、2001)年表(本州製紙
ザイール向けマタディ橋完成(アフリカ最大)、工事関係者ザイール国家勲章受章1983.05.21石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
安藤百福会長、日伯親善と経済交流に貢献したことによりブラジル政府より「グラン・クルス勲章」を受章1983.10.06『食足世平』(日清食品、1992)年表(当社事項)
社長石川六郎イタリア共和国有功勲章を受章1983.01鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)
上田社長、パキスタン政府から勲章「パキスタンの星」を受章1984.03.23ニチメン100年 : 1892-1992』(ニチメン、1994)年表(当社事項)
山崎会長、チリ共和国より「ベルナルド・オ・ヒギンズ勲章勲位グランオフィシャル」を受章1985.11住友林業社史別巻』(住友林業、1999)年表(会社・管理部門)
岡田会長がブラジル地方自治研究協会から、グランクルース賞、コメンダ賞、騎士賞の3勲章を受章1989.04.07ジャスコ三十年史』(ジャスコ、2000)年表(当社の動き)
岡田会長、大英勲章受章1989.10.17ジャスコ三十年史』(ジャスコ、2000)年表(当社の動き)
土橋久男元常務、パキスタン勲章「建国の父の星」を受章1990.05.08ニチメン100年 : 1892-1992』(ニチメン、1994)年表(当社事項)
稲葉興作社長、ブラジル政府から南十字星国家勲章受章1990.05.18石川島播磨重工業社史. 沿革編』(IHI、1992)年表(石川島播磨重工業
会長石川六郎、ペルー政府からペルー太陽勲章大十字位を受章1992.07鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)
矢野端前副社長、フィンランド国ライオン勲章受章1994.06王子製紙社史. 合併各社編』(王子製紙、2001)年表(本州製紙
大庭社長、大英勲章(KBE勲位)受章(東京の駐日英国大使館にて授与)1996.03.18川崎重工業株式会社百年史:夢を形に』(川崎重工、1997)年表(当社事項)
名誉会長石川六郎イタリア共和国騎士大十字勲章を受章2000.01鹿島建設社史付録』(鹿島建設、2003)年表(主要事項)

渋沢栄一の叙勲一覧

日本の勲章

西暦和暦勲章名
1892明治25勲四等瑞宝章
1902明治35勲三等瑞宝章
1906明治39勲二等旭日重光章
1911明治44勲一等瑞宝章
1915大正4勲一等旭日大綬章
1928昭和3勲一等旭日桐花大綬章

外国の勲章・記章

西暦和暦勲章名
1889明治22ドイツ国皇帝より王冠第三等勲章
1905明治38韓国皇帝より勲一等太極章
1907明治40フランス共和国より コマンドール・ド・ロルドル・ナシオナル・ド・ラ・レジオン・ド・ノール勲章 [Commandeur de L'ordre national de la légion d'honneur][勲三等相当]
1914大正3中華民国政府より一等嘉禾章
1919大正8フランス共和国よりル・コンネサンス・フランセーズ第一等記章
1920大正9ベルギー国皇帝より王冠第一等勲章
1920大正9セルブ・クロアート・スロヴェーヌ国皇帝よりサン・サヴァ第一等勲章
1920大正9ベルギー国皇帝よりロワ・アルベール記章
1923大正11中華民国政府より第一等大綬宝光嘉禾章
1926大正15フランス共和国よりグラン・クロア・ド・ロルドル・ナショナル・ド・ラ・レジョン・ドノール勲章 [Grand-Croix de L'ordre national de la légion d'honneur][勲一等相当]
1927昭和2ドイツ国よりドイツ赤十字第一等記章
出典:『渋沢栄一伝記資料』第29巻、第57巻
各勲章の実物画像は、下記からみることができます。

参考リンク

凡例

 「競馬」を検索すると - ことがら編

 今年の干支は「馬」。そこで「馬」をおもしろ社史検索してみたところ、1845件もヒットました。群馬や相馬といった地名、坂本竜馬や馬越恭平といった人名もヒットしましたので、「競馬」に限って再検索したところ、62件のヒットとなりました。同一内容のものは抜粋して40件をご紹介します。

検索結果からみえてくること

  • 日本における洋式競馬は1862年文久2)横浜で行われたのが最初といわれています(『国史大辞典』)。1907年(明40)の紡績会社の商標に「競馬」が現れていますので、明治年間に国内に広まっていた様子がうかがえます。
  • 各地に競馬場が建設され、ダービーが開催されていったことが、建設会社やマスコミ関係の会社の社史などにあらわれています。1939年(昭14)には英国BBCが競馬のTV実況放送をしていたそうです。
  • 戦後も競馬場の設備が次々整えられ、公営ギャンブルの廃止が叫ばれるほど競馬が流行っていたことがわかります。
  • 清水建設の社史には「目次」や「索引」にも「競馬」が登場していました。また帝国ホテルは府中競馬場の食堂に関わっていたこと、平凡社は『競馬年鑑』を出版していたことがわかります。

検索結果(抜粋)

年表の内容年月日『社史タイトル』
(発行所、発行年)
種別(詳細)
商標「競馬」を登記。1907.01.09『ニチボー75年史』(ニチボー、1966)年表(一宮紡績)
鳴尾競馬場1907.08大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
ハミルトン夫妻(英)、川崎競馬場で電気モーター付飛行船により飛行(日本での初飛行)1909.04.28日本航空20年史 : 1951-1971』 (日本航空、1974)年表(国内航空)
競馬法公布1923.04日本興業銀行50年史年表』(興銀、1957)年表(その他国内事項)
この年、中山競馬場開場1927千葉銀行史』(千葉銀行、1975)年表(千葉県内)
運動面に「競馬」欄新設(3.22婦人面に「釣り」欄、5.24ラジオ面に「麻雀」欄など趣味欄の新設盛ん)1930.03.21『読売新聞百二十年史』(読売新聞社、1994)年表(本社)
第1回日本ダービーが東京・目黒競馬場で開かれる。1932.04.24実業之日本社百年史』(実業之日本社、1997)年表(社会・業界)
第一回日本ダービー、目黒競馬場で開催1932.04.24東京ガス物語 : 1885-1985』(東京ガス、1986)年表(一般事項)
東京・目黒競馬場で第1回日本ダービー開催(4.24)1932.この年.旭化成80年史. 資料編』(旭化成、2002)年表(業界・社会一般)
「競馬天国」パ社、「千万弗の醜聞」パ社。1933.05.25『帝劇の五十年』(東宝、1966)年表年表(主要興行年譜)
社団法人東京府中競馬倶楽部府中競馬場建設工事1933.05清水建設百五十年』(清水建設、1953)年表(清水建設関係)
府中競馬場に府中競馬場食堂開業1933.11『帝国ホテル百年史』(帝国ホテル、1990)年表(当社事項)
阪神競馬倶楽部1933.11大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
京都競馬倶楽部1937.02大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
(英)BBC、ダービー競馬の実況をテレビで初放送1939.05.24『五十年史』(日本放送協会総合技術研究所、1981)年表(国内・国外)
戸塚競馬場を含む敷地15万5,000坪買収1941.11『光とミクロと共に:ニコン75年史. 資料集』(ニコン、1993)年表(経営)
川崎第四工場拡充のため千葉県柏競馬場買収1943.02『光とミクロと共に:ニコン75年史. 資料集』(ニコン、1993)年表(経営)
中山競馬場からの実況中継に、技研試作のPTM方式超短波中継装置を使用(戦後スタジオ外無線中継の初め、260MHz 5W)1947.11.09『五十年史』(日本放送協会総合技術研究所、1981)年表(*技研・NHK(技術研究所))
阪神競馬場復旧1949.03大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
名古屋競馬場建築・土木工事竣工。1949.08清水建設兼喜会五十年』(清水建設、1969)年表(施工関係 *は総体的な備考)
第1回県営競馬開催(3月に第1回県営競輪開催)1950.01横浜銀行六十年史』(横浜銀行、1980)年表(大正・昭和時代//神奈川県)
電気シャッター式こまどり録画装置の使用開始(T『競馬実況」中山競馬場)1957.04.21『五十年史』(日本放送協会総合技術研究所、1981)年表(*技研・NHK(技術研究所))
京都競馬場スタンド増築1965.02大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
中京競馬場騎手会館1966『街の響山河の譜』(大成建設名古屋支店、1993)年表(名古屋支店の主な竣工工事)
競輪競馬集金特設班設置1967.05.01横浜銀行六十年史』(横浜銀行、1980)年表(大正・昭和時代//当行)
美濃部都知事は競馬、競輪、宝くじなどの都の公営ギャンブル廃止を発表。1969.01.24実業之日本社百年史』(実業之日本社、1997)年表(社会・業界)
日米合同委員会で根岸競馬場地区の返還決定1969.09.25横浜銀行六十年史』(横浜銀行、1980)年表(大正・昭和時代//神奈川県)
(この年)ゴルフ・競馬・釣人口激増 ベストセラー「天と地と」 少年週刊誌活況(連載漫画“巨人の星”などに人気)1969モータリゼーションとともに. 資料編』(トヨタ自動車販売、1970)年表(社会一般)
京都競馬場スタンド増築(JV)1970.12大林組八十年史』(大林組、1972)年表(主要受注工事)
工事経歴●東京サントリー本社新築●白金台マンション新築●清澄マンション新築●JPビル新築●世界救世教空知・岩手・富山各県本部新築●霞友会館新築●立正佼成会学園女子体育館新築●三井不動産建物塗替●三菱地所建物塗替●三井物産本社ビルカーテンウォール●北洋相互ビルカーテンウォール●中之島センタービルカーテンウォール●姫路電話局舎カーテンウォール●中央競馬会トレーニングセンターアルミ柵●営団地下鉄南千住第一架道橋塗替●新荒川大橋塗装●東京瓦斯鶴見工場ガスホルダー塗替●東京芝浦電気製重電機器類1975『株式会社中村塗装店120年のあゆみ』 (中村塗装店、1990年表(ザ・ヒストリー)
中山競馬場スタンドCD棟鉄骨工事受注1988.09『ガイア・オデッセイ:NKK創立80周年記念誌』(日本鋼管、1992)年表(NKKの歩み 業績・生産・技術開発関連)
中央競馬の馬券売上げが初めて2兆円を突破。1988.12.03実業之日本社百年史』(実業之日本社、1997)年表(社会・業界)

目次の内容ページ『社史タイトル』
(発行所、発行年)
種別(詳細)
第9章 建築生産システムの革新 競争力強化と顧客価値創造 平成3年〜平成15年(1991年〜2003年) / 第4節 技術力で勝ち抜く開発競争時代 / 4-8 免震、制振の耐震技術 / ■世界最大級のメインスタンド東京競馬場454清水建設二百年. 生産編』(清水建設、2003)目次
索引の内容ページ『社史タイトル』
(発行所、発行年)
種別(詳細)
東京競馬場454清水建設二百年. 生産編』(清水建設、2003)索引
東京競馬倶楽部府中競馬場 1933101清水建設二百年. 作品編』(清水建設、2003)索引
東京競馬場スタンド(JV) 1968483清水建設二百年. 作品編』(清水建設、2003)索引
東京競馬場スタンド(JV) 2002483清水建設二百年. 作品編』(清水建設、2003)索引
阪神競馬場スタンド(JV) 1992366清水建設二百年. 作品編』(清水建設、2003)索引
名古屋競馬場548『丸の内百年のあゆみ : 三菱地所社史. 資料・年表・索引』(三菱地所、1993)索引(主要建造物名索引)
京都競馬倶楽部79大林組百年史』(大林組、1993)索引
京都競馬場217;314;315;543;771;773大林組百年史』(大林組、1993)索引
JRA阪神競馬場913大林組百年史』(大林組、1993)索引
鳴尾競馬場35大林組百年史』(大林組、1993)索引
バンコック・ロイヤル・スポーツクラブ(競馬場スタンド)324大林組百年史』(大林組、1993)索引
府中競馬場食堂351;352『帝国ホテル百年史』(帝国ホテル、1990)索引(一般事項)
川崎競馬倶楽部619『読売新聞百二十年史』(読売新聞社、1994)索引
関東競馬倶楽部619『読売新聞百二十年史』(読売新聞社、1994)索引
競馬年鑑、昭和4年21平凡社六十年史』(平凡社、1974)索引(書目索引)
昭和4年 競馬年鑑21平凡社六十年史』(平凡社、1974)索引(書目索引)

参考リンク

凡例