情報資源センター・ブログ

情報の扉の、そのまた向こう

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一、社史を始めとする実業史、アーカイブズや図書館に関連する情報をご紹介しています。

 『銭高組社史』 【銭高組, 1972】

会社名

株式会社銭高組

書誌事項

銭高組社史 / 銭高組社史編纂委員会編
 大阪 : 銭高組, 1972.10
 383p(図版p139-318), 図版7枚 ; 27cm
 注記: 英文社名: Zenitaka-gumi Company, Limited (p[319] 定款) ; 印刷: 大日本印刷 ; 非売品 ; 横組み ; 表紙は布張り ; 背に社章の型押し ; 社章の由来: p138 ; 年表: p338-383

外部機関の所蔵データほか

NDL-OPAC / Webcat / 神奈川県立川崎図書館 / Worldcat / Webcat Plus / Googleブックス 1,2,3

社史紹介

大阪出身の大工銭高善造(ぜにたか・ぜんぞう、1860-1932)は、東京で洋風建築の技法を学んだ後、1887年(明20)大阪で銭高組を創業。東京の大倉土木組や大阪の藤田組の下請として、当時の新興産業であった紡績工場、東北地方の鉱業関係の工場を数多く施工。また旭川師団や対馬要塞など軍関係及び公共施設工事も多く請負い順調に業績を伸ばした。1912年(大1)合資会社、1931年(昭6)株式会社に改組。第二次大戦後の高度成長期には東京オリンピック大阪万博などの国家的イベントや新幹線、高速道路工事も数多く手がける。
当社史は巻頭に創業者らの略歴を記載し、沿革に続く後半180頁は施工作品写真が占めている。

参考リンク

*このエントリーは、実業史研究情報センターのサイトで公開している「社史紹介」に先駆けて「速報版」として公開するものです。