情報資源センター・ブログ

情報の扉の、そのまた向こう

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一、社史を始めとする実業史、アーカイブズや図書館に関連する情報をご紹介しています。

 『岸和田紡績株式会社五十年史』 【岸和田紡績, 1942】

会社名

岸和田紡績株式会社

書誌事項

岸和田紡績株式会社五十年史
 大阪 : 岸和田紡績, 1942.03
 7, 127p, 図版9枚 ; 27cm
 注記: 奥付の編輯兼発行人: 藤岡長和 ; 印刷: 林欧文堂 ; 非売品 ; 縦組み ; 表紙クロスに商標の型押し ; 表見返しに旧岸和田港, 裏見返しに糸繰車を描いた錦絵 ; 年譜: p99-102

社史紹介

明治初期に大阪の実業家寺田甚与茂(てらだ・じんよも、1853-1931)は岸和田の泉州木綿問屋らと紡績会社設立を図り、同業者からの出資を受け1892年(明25)岸和田紡績を創立。日清戦争景気で業績を上げ、株主配当は常に高水準を保つ。1941年(昭16)経済統制による企業統合で大日本紡績と合併し解散。
創業から合併までの50年史は前篇・明治時代、後篇・大正昭和時代、余録、余記からなり、商標と製品は余録に、年譜・役員等は余記に掲載。
[1964年(昭39)ニチボー(株)に社名変更(現・ユニチカ(株))]

参考リンク

*このエントリーは、実業史研究情報センターのサイトで公開している「社史紹介」に先駆けて「速報版」として公開するものです。