情報資源センター・ブログ

情報の扉の、そのまた向こう

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一、社史を始めとする実業史、アーカイブズや図書館に関連する情報をご紹介しています。

 『渋沢栄一は漢学とどう関わったか : 「論語と算盤」が出会う東アジアの近代』 【ミネルヴァ書房,2017.02】

 渋沢栄一は生涯に600に及ぶ社会公共事業に関わったといわれています。彼のこの事業活動を8つの視点から分析し、その思想を重層的に考察するシリーズ「渋沢栄一と「フィランソロピー」」の第1作として、栄一と漢学との関わりをまとめた書籍が刊行されました。本書は2014年から開始された公益財団法人渋沢栄一記念財団の研究プロジェクト「二松学舎渋沢栄一」の研究成果で、編著者は二松学舎大学文学部教授の町泉寿郎氏です。

書誌事項

渋沢栄一は漢学とどう関わったか : 「論語と算盤」が出会う東アジアの近代 / 町泉寿郎編著
 京都 : ミネルヴァ書房, 2017.02
 221, 10p ; 21cm (渋沢栄一と「フィランソロピー」. 1)
 注記: シリーズの責任編集: 見城悌治, 飯森明子, 井上潤 ; ISBN: 9784623077786

目次

項目ページ
シリーズ出版『渋沢栄一と「フィランソロピー」』(全八巻)刊行にあたって / 見城悌治, 飯森明子, 井上潤i
はしがき / 町泉寿郎vi
目次[v]
   序章 『論語と算盤』が結んだ実業家と二松学舎 / 木村昌人, 町泉寿郎1
     一 漢学は近代化の阻害要因か1
     二 渋沢栄一の思想3
     三 渋沢栄一の教育支援4
     四 渋沢栄一と近代漢学6
第I部 渋沢栄一の思想[9]
   第一章 「悲憤慷慨」の人、渋沢栄一 : 「頼山陽」と武士のエートス / 浜野靖一郎11
     一 江戸期の渋沢11
     二 悲憤慷慨の士 : 「武士」への憧れ12
     三 排外思想 : 水戸学の影響19
     四 武士のエートス : 頼山陽に私淑23
     五 「節女阿正伝」の読解27
     六 青年渋沢の自画像35
   第二章 『論語講義』再考 : 近代論語のなかの渋沢栄一 / 桐原健真38
     一 近代論語の射程38
     二 「儒学」から「漢学」へ41
     三 否定される「西土の教」46
     四 「聖人」から「人間」へ48
     五 新たなナショナリティ51
     六 『論語講義』の文化史的意味54
   第三章 近代中国の「孔教」論と『論語と算盤』 / 于臣61
     一 『論語』解釈の諸相61
     二 孔子学の二つの争点65
     三 梁漱溟の「人生実践の学」67
     四 渋沢栄一と梁漱溟からみる孔子学の争点70
     五 渋沢栄一の『論語』読みと商工業立国思想73
     六 梁漱溟の孔子学と「人生の三大路線76
     七 梁漱溟の生命哲学と郷村建設理論80
     八 孔子学の意義84
第II部 渋沢栄一の教育支援[91]
   第四章 渋沢栄一を偲ぶ朝鮮の人々 : その「縁」と「脈」を中心として / 朴暎美93
     一 韓国における渋沢栄一評価の二面性93
     二 渋沢栄一と朝鮮との「縁」と「脈」95
     三 渋沢栄一を偲ぶ朝鮮の人々105
     四 人間の顔をした資本主義111
   第五章 渋沢栄一による中国人留学生支援と日華学会 / 見城悌治117
     一 近代日中関係渋沢栄一117
     二 「支那留学生同情会」の設立とその活動 : 辛亥革命と留日学生117
     三 「日華学会」の設立とその活動 : 留日中国人学生支援の実相121
     四 渋沢栄一の中国への「想い」 : 中国人留学生・教育関係者などとの交流127
     五 日中交流に渋沢栄一が果たした役割138
   第六章 女子教育の近代化と渋沢栄一 : 「女大学」から日本女子大学の創設へ / 任夢渓143
     一 渋沢栄一と女子教育143
     二 渋沢栄一の女性観および女子教育観の変遷144
     三 女子教育事業に貢献した渋沢栄一 : 日本女子大学を中心に155
     四 良妻賢母主義の影響163
第III部 渋沢栄一と近代漢学[169]
   第七章 二松学舎陽明学 / 町泉寿郎171
     一 なぜ二松学舎陽明学なのか171
     二 三島中洲・山田準と渋沢栄一172
     三 二松学舎と近代の漢学教育179
     四 陽明学に関する三島中洲の言説188
     五 東敬治の陽明学194
     六 三島と渋沢の共鳴のかたち196
   第八章 渋沢栄一儒教活動 : 聖堂保存・孔子祭典を中心に / 丁世絃204
     一 なぜ儒教に注目するのか204
     二 孔子祭典会と渋沢栄一205
     三 斯文会と渋沢栄一210
     四 渋沢栄一儒教精神217
人名・事項索引巻末1
責任編集者紹介巻末
執筆者紹介巻末

参考リンク

渋沢栄一と「フィランソロピー」」シリーズ一覧

  • 渋沢栄一は漢学とどう関わったか / 町泉寿郎編著
  • 帰一協会の挑戦と渋沢栄一 / 見城悌治編著
  • 渋沢栄一が目指した地方振興 / 松本和明編著
  • 日米欧の福祉社会づくりと渋沢栄一 / 兼田麗子編著
  • 国際交流に託した渋沢栄一の望み / 飯森明子編著
  • 社会を支える「民」の育成と渋沢栄一 / 見城悌治編著
  • 渋沢栄一はなぜ「宗教」を支援したのか / 山口輝臣編著
  • 渋沢栄一による文化の継承と創造 / 井上潤編著
     (本書巻末より転載)